手術後の排尿障害による勃起不全もレビトラで解決

臀部周辺の手術を行った後に排尿障害を起こす場合があり、そのまま勃起しにくい状態を引き起こす可能性があります。手術が直接の原因というよりも排尿がうまく出来ないストレスや術後に病床で長い時間いたために血行不良になったため等、他の理由が原因と考えられますが、思うように勃起しなくなる、ということは男性にとって非常に大きなストレスになることは間違いありません。そこでレビトラの使用で勃起の改善を促します。
レビトラは高い効果と食事の影響を受けにくいため人気のあるED治療薬です。バイアグラで効果を実感できなかった人がレビトラで勃起出来たり、カロリーが低く油分の少ない食事でアルコールも過剰に摂取しなければ効果に影響が出にくいとされています。また軽食の後であれば、2~3時間後に服用することで同じように高い効果を期待することが出来るので、通常の生活を送りやすいことが利用する人にとって喜ばしいことです。
しかし間違ってはいけないのがレビトラを服用したから絶対に勃起する、という訳ではないということです。レビトラには勃起の邪魔する酵素の働きを阻害する作用があり、あくまでも勃起しやすくする薬なので、性的興奮を受けなければ勃起はしません。また排尿障害を治す薬ではないので、勃起して射精することが出来たから排尿障害が治る、という訳でもありません。
EDの原因は様々なのでそれを解決することは難しいかもしれません。しかしストレスが原因でEDになり、性交渉時に勃起しないことが恐怖になることで更なるEDになる可能性もあります。勃起しない恐怖をレビトラで解決することが出来れば、それだけストレスを軽減しEDを改善することができるかもしれません。まずは医師に相談してみてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ戻る